スノーボード

ウィンタースポーツの季節がやってきました!

今日はスノーボードのターンについて書きたいと思います。

こんな事を言ってますが、私は決してスノーボードが上手というわけではありません。

しかし逆にあまり上手でないからこそターンの練習は頭の中に残ってるんです!

始めたばかりの人が最初につまづくのがやはりターンだと思います。

色々なサイトを見てもやり方とか色々書いてあるかと思います。

しかしそれでもなかなかすぐにはうまくいきません。

今日は私が実際にターンを覚えた方法、というかこういうことを心掛けたらできた、みたいな事を書いていきたいと思います。

 

スポンサードリンク


 

ターンを練習する時心掛けること

まず最初に思うことがあります。

それは、「怖い」ということ。

そうなんです。木の葉滑りからいきなりターンをすること、それは結構怖いです。

板を縦にするだけで怖いですね(笑)

しかしこれを払拭しなければターンはできません。

なのでまず心掛けることを順番に書いていきます。

※左足を前に出す一般的な滑り方についてです。

 

1.足をしっかり曲げる。

いざターンをしようと板をまっすぐにする前にまず横向きの状態でしっかり足を曲げます。

正直自分が思っているよりも深く膝を曲げてください。動画などで撮るとわかるのですが、足を曲げているつもりが意外と曲がってないです。

これは体のバランスをとるために大事なことです。

 

2.体の位置を意識する

これはどういうことかというと、斜面に対して体がどうなっているかです。

人は歩いているとき基本的に道に対して垂直に立っていますよね。

これを斜面でも意識します。

山を歩いて下るときどうしていますか?

斜面に対して垂直には歩けませんよね。

平らな道でも斜面でも人は同じ角度で歩くと思います。

しかしスノーボードでは違います。

斜面に対して垂直に滑らなければなりません。

むしろもっと前のめりでもいいです。

斜面に対して体を垂直にすると体感では非常に前のめりに感じます。

これがまず怖いです。

しかしこの状態が一番安全、そしてターンしやすい姿勢なのです。

勿論その際には1で言った足をしっかり曲げている状態でなければなりません。

これができていないと左足が伸びてしまい、絶対に転びます。左足がしっかり曲がっているか
常に意識してください。

下手な絵ですが下に図を載せます(笑)
図1

 

3.足をしっかり曲げ、体を斜面に垂直にし、板を縦にします。(1、2ができた状態)

するとおもいっきり滑りますよね(笑)

そこから右へ曲がろうとした場合、体を斜め前に傾けます。

斜め前に倒れるような感覚です。

怖いと後ろに身を引いてしまい転んでもっと怖い目にあいますがすべて感覚の逆です。

前に前に体を出すことによって危険を回避できるのです。

1,2の状態で進行方向斜め右前に体を倒せば自然とカーブしていきます。

この瞬間に「おおお!」となります。

左に曲がるときも同じです。

体を左前に倒します。

すると左に曲がります。

これだけです。これだけで曲がれます。
スポンサードリンク


 

止まり方

これは私がやりやすい感覚なのですが、斜面に対して前向きだとブレーキがかけづらいです。

なんとなく足が痛いというか・・止まる時は斜面に対して後ろ向きが止まりやすいです。

止まる時は足に力をかけがちですが、それではあまり止まりません。

膝を曲げることが一番良いです。止まりたいと思ったらしゃがむ!それだけです。

膝をおもいっきり曲げることでしっかり止まります。足に力をかける必要はありません。

あとは急な斜面。これも同じなんですが「斜面に対して垂直意識」なので急であればあるほど体を前に出さなければなりません。

これが怖いのですが、しっかりできれば急な斜面でもしっかり速度を管理して滑ることができます。

 

まとめ

ということで、意識する大事なことは4つです。

1.足をしっかり曲げる(特に左足意識)

2.斜面に対して垂直を意識(むしろ前のめり)

3.曲がる時は斜め前に体重をかける(斜め前に倒れる感じ)

4.止まる時は右に曲がった時(斜面に背を向けた時)に足をおもいっきり曲げる。(しゃがむ)

以上です。

これは私が会得したやり方ですので合わない方もいるかと思いますが、ターンができていない方はぜひお試しください。

最後に必要なのは前のめりになる度胸だと思います。

これが初心者の方に参考になれば幸いです。 

スポンサードリンク