大崎八幡宮鳥居

仙台を観光する時にぜひ立ち寄っていただきたいのが国宝、大崎八幡宮です。

仙台では一番有名な神社で、伊達政宗が建築し国宝にも指定されています。

今回は国宝、大崎八幡宮の見所や、ちょっとした雑学を紹介したいと思います^^

スポンサードリンク


 

大崎八幡宮を参拝する際の注意点は!?

大崎八幡宮は敷地に入る際に禁止事項があります。

それは、

 

大崎八幡ポケモン禁止

ポケモンGO禁止!w

そうなんです。

ポケモンを探してはいけないのです!w

以上の注意点を守り、境内に入りましょう。

 

大崎八幡宮の魅力とは!?

大崎八幡宮

大崎八幡宮の魅力の1つとして、桃山建築様式を取り入れた派手な装飾です。

おそらく神社の造りをしっかりと見ることは少ないと思いますが、大崎八幡宮の装飾には色々と面白い物が付いていますのでじっくりと見てみてください。

 

大崎八幡ぞう

上の写真を見てください。白いゾウがくっついています。

この時代の建築物にゾウの装飾、結構不思議ですよね?

政宗がなぜこのような装飾を神社に施したのか?

これには政宗が過ごしてきた歴史が関係しているのです。

 

政宗が桃山建築にした理由とは?

政宗は若い頃、山形県の米沢に住んでいましたが、その頃強大な力を持つ秀吉に領地を奪われ岩出山(現、大崎市)に追いやられました。

そこから10年、政宗はここを本拠地にしていたとされていますが、実はほぼこの地にはいなかったようなのです。

秀吉から警戒されていた政宗は、この10年間のなかで、およそ9年間大阪にいたと言われています。

秀吉としては、危ない人間は側に置いておいたほうが安心だと思われていたのでしょう。

そしてその長い期間で、秀吉が好んだ桃山文化に大きな刺激を受けたとされています。

大崎八幡宮に桃山文化を取り入れたのは、秀吉の側で桃山文化に長く触れたことが大きな要因になっているのです。

 

多彩な色には多額の費用がかかっている!?

多彩な色を使用している大崎八幡宮。

実は色によって金額が大きく違っているのです!

使用されている色のうち、2色の金額が非常に高いことが分かりました。

 

一番高いのは群青色

建物に使われている群青色。

この色、実は日本では取れない材料が使用されているのです。

海外から輸入していた鉱石を使用していたようで、10グラムちょっとでおよそ6000円もしたそうです!

これだけ高い色を建物全体に使用しているわけですから、費用は相当なものだったと考えられます。

 

二番目に高いのは緑

意外にも二番目に高い色は緑です。

そのへんの草から採れそうな色ですが、そんなに甘くはないようですw

こちらも海外からの輸入品の鉱石を使用していたようで、10グラムちょっとで約3000円くらいしたそうです。

国内で採れないものは今も昔も高いんですね~^^;
スポンサードリンク


 

大崎八幡宮の御利益は?

『必勝』、『運厄除け』、『攘災招福』、『安産』の神様として崇拝されています。

そして十二支に関しては乾(戌亥)の守護神とされ、戌年、亥年の方に大変御利益があるそうです。

上記に関して恩恵を受けたい方は、ぜひ訪れていただきたい神社です。

 

大崎八幡宮へのアクセスは?

以下に公式のURLを添付します。

大崎八幡宮アクセス

 

仙台駅から向かう場合はバスがおすすめです。

電車や地下鉄を使用した場合、乗り換えや徒歩がありますが、バスで行けば神社の目の前まで行けますし、時間は30分もかからずに到着します。

しかし私が一番おすすめするのは車による移動です。

政宗に関する仙台の観光地は、青葉城跡、瑞鳳殿、大崎八幡宮と、全て近い場所にありますが、公共機関を使用すると非常に不便です。

車による移動であれば、三か所を巡る移動でも10分、20分で簡単に移動できますので、他県から来られる方はレンタカーを借りて移動することをおすすめします!



 

大崎八幡宮の駐車場は?

大崎八幡宮の駐車場は正面から反対側にあります。

あまり広くはありませんが、大きなイベントでもやってない限り停めれないということはないでしょう。

駐車料金は無料です。

 

小さくて見えづらいかもしれませんが場所はここ↓

クリックすると少し大きくなります。

大崎八幡駐車場

 

まとめ

仙台観光をする際に神社が好きな方であれば、必ず行ってみてほしい神社です。

初詣やどんと祭りなどのイベントがある時は非常に混みますが、普段はそれほど混んではいませんのでゆっくりと見ることができると思います。

観光をしている人が少ない理由は、場所が場所のために観光プランに入れづらいのかもしれませんね(笑)

ですからぜひレンタカーを借りて回ってみてください^^
スポンサードリンク