dq2

1987年1月26日、ファミコンソフトとしてリリースされたドラゴンクエスト2。

今では数多くのハードでリメイクされている人気ゲームです。

そしてドラクエ3の発売日はニュースで取り上げられるほど凄まじい物でしたが、それがあるのはドラクエ2があるから。

ドラクエ2が超面白かったからこそ、ドラクエ3が爆発的に売れたのです。

そんなドラクエ2ですが、古いファンが良く言うセリフがあります。

それは、

「FC版をやってない奴はドラクエ2を語るな」

というもの。

ドラクエシリーズはどれも色々とリメイクされていますが、どうして2だけこういったことを言われるのか?

今回はこう言われる理由を含めて色々と思い出話を書いていこうと思います。

 

スポンサードリンク


 

FC版のドラクエ2ってリメイク版と何がちがうの?

まずはこれですよね。

鬼畜とかまで言う人もいるFC版ドラクエ2ですが、実際はそんなことはありません。

ただリメイク版と比べると新しい物は色々と改善されているため、やりやすくなっているのは事実。

まずは私が思う大きな違いを書いていきます。

 

パスワードをメモしなければならない

FC版ドラクエ2にはセーブ機能がないため、いちいち終わる時にはパスワードをメモし、始める時にはそれを打ち込まなくてはなりません。

これがまず面倒。

今なら写メって終わりかもしれませんが、当時は全て手書きで書いていました。

そしてここで一番やってはいけないことが、パスワードの書き間違い。

おそらく当時多くのユーザーが恐怖のコメントを見たことでしょう。

「じゅもんが ちがいます」

この文字をみるたびに焦り、何度もパスワードを確認しますよねw

そして何回確認しても間違いがなかった時の絶望感。

その前のパスワードからやりなおしになるわけですw

 

しかし私が思うのは、ドラクエ3以降の

「ぼうけんのしょはきえてしまいました」

よりはマシだということ!

私は1回ドラクエ4でデスピサロを目前にしてぼうけんのしょが消えたことがあります。

そうなったら最初からですからねw

まじでやる気なくなりますよw

 

装備のバランスがおかしい

これが難易度を上げる部分ではかなりのウェイトを占めるでしょう。

私が1番思うのはサマルトリアの王子の装備があまりにもひどいことです。

ここでFC版で装備できる物とリメイク版で装備できる物を比較してみます。
FC版 SFC版
ひのきのぼう ひのきのぼう
こんぼう こんぼう
どうのつるぎ どうのつるぎ
せいなるナイフ せいなるナイフ
くさりがま くさりがま
てつのやり てつのやり
まどうしのつえ  まどうしのつえ
いかずちのつえ いかずちのつえ
はやぶさのけん  ロトの剣
光の剣
はやぶさのけん
破壊の剣
ここで注目したいのは、素の攻撃力が一番高いのはFC版では『てつのやり』だということ。

これはかなり序盤に買える武器ですが、ここから最後までずっと『てつのやり』を使うのです。

普通にクリアする人はこいつの武器が変わることはないでしょうw

最初に買う武器が最後まで最強っていうのがFC版らしい部分ですw

しかし極めた人は分かると思いますが、このゲームをクリアできるレベルを過ぎたくらいからサマルトリアの王子は急成長を遂げます。

最終的には力がローレシアの王子並みまで強くなり、『はやぶさの剣』が最強になります。

まぁでも意味ないんですよねw

大体の人がここまでになる前にクリアしてしまっているのでw

普通にプレイしていたら確実に『てつのやり』でクリアすることになるでしょう。

 

そしてSFC版では『まどうしのつえ』が『てつのやり』より攻撃力が高く設定されているのと、なんといっても『ロトの剣』が装備できるので大きく変わってきます!

最終的にはおそらく光の剣を装備してクリアすることになるでしょう。

FC版では絶望的だった武器での攻撃に大きく期待が持てるのです。

 

呪文の数、威力、性能が違う

呪文も大きく違います。

正直装備よりも呪文の差のほうが大きいかもしれません。

ここでムーンブルグの王女の呪文をFC版とSFC版で比較していきます。

※サマルトリアの王子はFC版とSFC版に呪文の数の変化はありません。
FC版  SFC版
ベホイミ  ベホイミ
ラリホー  ラリホー
バギ  バギ
マヌーサ  マヌーサ
トヘロス  トヘロス
ルカナン  ルカナン
キアリー  キアリー
ベホマ  ベホマ
リレミト  リレミト
イオナズン  イオナズン
トラマナ  ザオリク
アバカム  パルプンテ
 アバカム
大して差はないように思いますが、SFC版では王子だけではなく、王女もザオリクが使用できます。

そしてこのザオリク、FC版では移動中のみ生き返ってもHPが1という状態。

つまり戦闘中に死んだら終わりという鬼畜仕様。

まぁ生き返ってもHPが1だとあんまり意味ないかもですが・・・

SFC版では大幅に改善され、戦闘中もOK全回復状態

さらにザオリク持ちが二人になったことで戦闘の安定感が跳ねあがりました。

そしてベギラマやイオナズンの威力も大幅にアップ!

これのおかげで攻略はかなり楽になったといえるでしょう。

FC版ではやっとの思いで覚えたイオナズンが、後半の敵にほとんど効かないとかいう意味の分からない仕様もかなり改善されましたw

つまりFC版ではローレシアの王子が攻撃の全てを担っていたと言っても過言ではないですねw

 

スポンサードリンク


 

敵の強さバランスがおかしい

これは本当におかしいですねw

一番はやはりロンダルキアの洞窟~ラストまででしょうか。

当時のプレイヤーは皆感動したと思いますが、かなりの苦労の末にやっとのことで抜けたロンダルキアの洞窟。

そして抜けた先に広がる真っ白な雪原。

思わず「うおおおお!最後っぽいぃぃぃ」と叫んでしまうレベル。

しかしその感動はすぐに絶望へ変わるのです。

ちょっと歩いた瞬間に訪れるサイクロプスとシルバーデビル。

凄まじい攻撃力とベギラマによって一瞬で死ぬサマルトリアの王子。

そして逃げようとも囲まれる王子達。

やっとの思いで逃げても棺桶と化しているサマルトリアの王子。

復活もできずエンカウントしないことを祈りながら進めるプレイヤー。

しかし無常にも祠の目の前でエンカウント。

訪れるデビルロードとギガンテス。

イオナズンも効かず、なすすべもなくボコボコにされ全滅。

テレビの前で呆然とするプレイヤー。

そして見たことのある町から再開されるゲーム。

また地獄のロンダルキアからスタート。

という展開。

このロンダルキアの洞窟の出口から祠までの距離がマジで長い。

距離としてはそんなに遠くないのにマジで遠い。

そしてなぜか凄まじくエンカウントする。

たぶんドラクエ2が鬼畜といわれるのはこのイメージが強いからなのではないでしょうか。

なぜここまで敵が一気に強くなるのか。

こういう部分がFCだなーと思いますねw

 

ボスがベホマやメガンテを使ってくる

まずはメガンテ。

これは必ずエンカウントするボス、『バズズ』が使用してきます。

しかもFC版では100%全滅。

そして唱える前に文字がオレンジ色になるという先行演出付きです。

こればかりは運。

 

使ってこないことを祈るしかありません。

そしてハーゴンとシドーがベホマを使ってきます。

これも驚きですよねw

ボスが全回復って・・・

でもこれ、実は大したことないです。

なんとそこそこ鍛えているローレシアの会心の一撃なら、ハーゴンを一撃で沈めてしまうんですw

HPがかなり低く設定されてるんですねw

シドーもそこまでHPはないのでうまくいけば5ターンもかからないのではないでしょうか。

 

バズズのメガンテ動画↓


私が思うFC版とリメイク版の違いで大きな部分は以上です。

結構長くなってしまいましたw

 

思い出補正が強い

今FC版のドラクエ2を語る人達も当時は子供。

やっぱり過去の思い出補正が強いんですよねw

子供ですからクリアが大変なのは当然。

今やったらそこまで難しいとは感じないでしょう。

むしろ今のゲームのが難しいと思います。

子供の時の思い出が強く出てしまうんでしょうね^^

 

まとめ

私も当時は鬼畜だと思い、クリアしたのは発売からかなり後になりましたw

その思い出があるせいか、やはりFC版はかなり難しい!と今でも頭に残っています。

それを考えるとFC版のドラクエ3は本当に良く出来ていたと思いますね。

そんなに楽でもなく難しくもなく。

そしてかなりの自由度があったので過去最高の名作と言われるのも頷けます。

ということで懐古中はFC版のドラクエ2が大好きですw

もし若い方で興味がある方はやってみてほしいですね^^

大人からしたら大したことないと思いますが、あまりの不便さと操作性の悪さに驚きますよw

 

スポンサードリンク