日本では東日本と西日本によって周波数が違います。

東日本は50Hz、西日本では60Hzです。

私は約10年前に東日本から西日本に引っ越しをしました。

就職のためです。

そしてその時一人暮らしが始まったわけですが、その際に親が親切に家電などを色々買ってくれました^^

洗濯機など確実に必要な物は現地で買ってくれたのですが、電子レンジは地元で購入して送ってくれたのです。

そしてその時は全く気付きませんでした、周波数の違いに・・・

地元は東日本なので50Hzの電子レンジが売ってて、それを西日本で使うことになったのですw

私はこれを約10年間使いましたw

そこで今回は、10年間違う周波数の電子レンジを使用したらどうなったのか!?

そして、それにはどういうリスクがあるのかを書いていきたいと思います!

 

スポンサードリンク


 

そもそも周波数って何!?

まずこれですよね。

どうして東と西で違うの?てか周波数ってなに?って話です。

これは昔、交流電流送電が始まる頃までさかのぼります。

 

東と西でなんで違うの?

これは昔、送電を直流から交流に変える際に東京がドイツから50Hz仕様の発電機を輸入し、それを導入しました。

しかし大阪はアメリカから60Hzの発電機を輸入し、これを導入したのです。

この違いにより、日本は電気において東と西に分断されてしまったんですね。

統一されれば一番良いのですが、変更となるとかなりのコストがかかるため簡単にはできないようです。

 

周波数ってなに?

これは少し難しい話になりますのでスルーしていただいて大丈夫です。

これは電気の直流と交流の話になるのですが、まずはその違いから。

直流・・・電流の向きが一定方向で変わらない

交流・・・電流の向きが絶えず変化している

簡単にいうとこんな感じです。

そしてそれを図に表すと、



こんな感じになります。

まずAC(交流)100Vの場合0V→140V→0V→ー140V→0Vと変化し、時間は0.02秒です。

この変化を1波として計算すると、1秒間で50波起こることになります。(0.02×50=1)

これが東日本の50Hzです。

そして西日本の60Hzは1秒間にこの波が60回起こります。

つまり周波数とは1秒間にこの波が何回起こるのかを示しています。

気になると思うのがー140Vという部分。

これは電圧がマイナスになるということではなく、電流の流れる向きが逆になるという意味です。

そして50Hzであれば、これが1秒間に50回変化しているわけですから、すさまじい速さで流れの向きが変わっていることになります。

ですからコンセントには向きが関係ないのです。

コンセントを挿す時に方向なんて気にしませんよね?

絶えず流れが変化するAC(交流)だからこそ出来ることです。

そしてDC(直流)100Vには波がなく、一定の方向に常に100Vが流れています。

ですから周波数はありません。

もしDC100Vのコンセントがあったとすれば、2本の棒を挿す方向まで気にしなければなりません。

 

スポンサードリンク


 

10年使った結果は!?

では結果です!

しかし10年といっても使用頻度はかなり低く、月に5~10回程度。

まぁ一人暮らしで自炊も嫌いだったため、外食が多かったためです。

そんな感じで使用した結果・・・

 

問題なく使えてました!w

 

丁度使い始めてから8年経った頃に結婚し、そこからの使用頻度はかなり高めだったものの、さらに2年間問題なく使用できていました。

気付いたのは引っ越しの時です。

結婚から2年が経ち、新居に引っ越す際にふと目についた電子レンジのシール。

そこにガッツリと50Hz専用と書かれていましたw

いや~ビックリしましたね。

普通の人ならすぐ気づくことかもしれません。

しかし最近ではどの家電製品も大体50、60併用なんですよね。

なので全然気にもしていませんでした。

全く異常もなかったしね^^;

しかし実はこれ、結構リスクがあるんです。

次は周波数が違う地域で使用するリスクについて書いていきます!

 

周波数が違う地域でしようするとどんなリスクが?

私の場合は大丈夫でしたが、一応書いておきます。

まず、どこのメーカーも周波数が違う地域ではその電化製品は使えないと記載しています。

使う際には調整や部品の交換が必要とのこと。

そして使う際のリスクとしては、

・火災が起こる可能性がある

・電子レンジとして本来の効果を発揮できない可能性がある

・すぐに壊れてしまう

などです。

一番怖いのは火災ですね^^;

これは滅多に起こらないことかとは思いますが、やはり要注意です。

 

まとめ

最近では安い電子レンジでもほぼ50Hzでも60Hzでも使用できるようになっています。

しかし古い貰い物だったりするとどちらかしか使えない場合がありますので要注意!

一応私は問題なかったし、現在私と同じように周波数の違う地域で気付かずに使っている方も多いかと思います。

しかし私は周波数の違いに気付いてからは買い替えましたw

やっぱり安全が一番です。

滅多なことはないと思われますが、気付かない程度で性能に変化が出ているのは間違いないと思いますので、周波数が違う!という方は買い替えをおすすめします!

 

スポンサードリンク