Pocket



ぎゃあああああ!っと泣きわめくうちの子、生後1ヶ月。

妻は子供が産まれてから1ヶ月ほど実家に帰っていましたが、つい先日たまたま1日だけ家に帰ってきました。

それまで私から見た子供の様子は、毎日1、2時間顔を見るくらいのかわいい存在。

しかし妻は子供の夜泣きに非常に苦労しているとのことでした。

泣いてもかわいい我が子、そんなに苦労するのか?とちょっと疑問に感じていましたが、その夜いい時間になった為寝ようとしたところ・・・

 

お目目パッチリw

 

「全く眠くないよ!」と聞こえてくるかのような冴えわたった表情。

そして泣き始める!

まぁいつもミルク飲めばすぐ寝るし~と思ってミルクを飲ませると・・・

 

お目目パッチリw

 

まじか~

寝ないぃぃぃぃ

 

その後、おしめチェック、抱っこ、何をしても泣き止まない(;´・ω・)

唯一『高い高い~』をしてあげるとピタっと泣き止みます。

しかしやめた瞬間、「ヒクッ、ヒクッ、ぎゃああぁぁぁぁぁぁ!!!」

もう全力の大泣き。

息が止まるんじゃないかと思うくらい大泣き。

一体何がそんなに嫌なのか?不安なのか?怖いのか?全くわからん始末。

あ~これが毎日は辛いな・・・と初めて実感しました^^;

結局落ち着いたのは早朝。

ほとんど寝れない感じでした^^;

 

まだ1ヶ月なのにこの状態。

夜泣きが本格的になるのは3ヶ月頃からとも聞きますので、これはもうお手上げ\(*_*)/

結局自分たちではどうしようもないため、少しでも泣きが改善するよう先輩ママ達に意見を聞くことにしました!

今回は先輩ママ達が体験した経験をもとに、1ヶ月、そしてこれからくる3ヶ月の夜泣きに対しての対処法を紹介していこうと思います!

 

スポンサードリンク


 

お腹の中にいた頃の音を聞かせる(Aさん体験談)

生後一ヶ月の赤ちゃんは、まだまだお腹の中から出て来たばかりなので泣くことはよくあります。

その為、お腹の中にいたときの状況に近づけてあげるために、ビニール袋を擦り合わせてお腹の中にいるときに聞いていた音を出して安心させてあげていました。

生後3ヶ月以降の赤ちゃんは日々の生活にも慣れてきて、寝転んでるだけではつまらなくなってくる時期。

まず体内時計を整えて決まった時間に寝れるよう規則正しい生活を送ります。

そして寝てることに飽きてくるので、監視のもとでうつ伏せをさせたり、立て抱きや、抱っこしてゆっくりバランスボールに乗り動いたりと、いつもと違う刺激を穏やかに与えて夜気持ちよく寝れるよう生活することをおすすめします。

大人も家でゴロゴロするとスッキリしない一日だと感じますが、一日中出かけたり運動すると疲れたけど充実した一日で気持ちよく眠りにつけると思うので、赤ちゃんも同じような感覚だと思って過ごしてあげたらいいと思います。

 

お腹の中の音で安心!?

これは忘れていました!

たしか妻の実家にお腹の中の音を出すアイテムがあったはず!

てか実家にあるのに使ってなさそう・・・

今度家に帰ってきたら試してみたいと思います!

 

1日のリズムをつけて夜泣き対策(Iさん体験談)

生後1ヶ月はまだまだ昼夜の区別がつかないと思いますが、それでも1日のリズムをつけてあげるようにすれば夜泣きが多少改善されました。

具体的には朝はカーテンを開け朝日をしっかり浴びるようにしてあげ、逆に夜にはカーテンを閉め部屋を真っ暗にして今は寝る時間だというのを覚えさせるようにします。

カーテンを遮光性の高い物に変えたらより効果的かもしれません。

生後3ヶ月になると赤ちゃんもだいぶ動くようになるので昼間は外を散歩したり玩具で遊んであげたり、たくさん話し掛けて脳と体を疲れさせて夜にたくさん寝るようにしました。

その際テレビやスマホで動画などを見せると、刺激が強すぎるのか夜泣きが酷くなったので控えるようにしました。

 

やはりリズムは大事!?

1ヶ月では昼夜の区別はつかないと言われていますが、それでも1日のサイクルは身についているんだと思います。

うちの場合はたまたま夜が起きているサイクルに入ってしまっているんでしょうね^^;

昼間寝てるもんな~。

そういえばお腹の中にいる頃から午前中はほとんど動かなくて夜に寝る時よく動いてたな・・・

そのサイクルが残ってるのかもしれませんね。

これも少しずつ改善していこうと思います。

 

たらふくミルクを飲ませる(Mさん体験談)

私は現在6歳と2歳の子供がおります。

2人ともとても夜泣きがひどくて本当に苦労しました。

まだ生まれてすぐの赤ちゃんの場合は、お腹が減っている事が多いので寝る前にたっぷりミルクをあげるといいと思います。

また大きくなると少しでもいいので外に出て散歩したりして、外の空気に触れると長い時間寝てくれました。

夜泣き本当に辛いです。

こっちが泣きたいくらいです。

でもいつかは絶対になくなるものですから、頑張って欲しいと思います!

 

お腹をいっぱいにさせて寝かせる!?

これは私も妻に提案したことがあります。

寝なかった夜はミルクを飲んでも全然足りてない感じだったんです。

終わった後も指を舐めるし口はちゅぱちゅぱしてるし。

でも妻としてはあんまり飲ませたくないようです^^;

現在体重も平均値ど真ん中、あんまり太らせたくないみたいですね。

あとは夜のドライブなども効果的と聞きます。

まだ試してないけど、これから暖かくもなってくるので試してみようかな~。

 

スポンサードリンク


 

赤ちゃんと一緒に添い寝(Kさん体験談)

生後3週間の頃は魔の3週目と言われ、多くの赤ちゃんが夜泣きをするようになると言われています。

ベビーベッドで寝かせるよりも一緒に布団で寝る方が夜泣きがマシになる気がしました。

近くでママの体温や寝息を感じられると赤ちゃんも安心するのかも知れません。

布団ではなくベッドで寝ている人は赤ちゃんが落ちないように気をつけてください。

また寝返りなどで赤ちゃんを踏み潰してしまわないようにくれぐれも気をつけるようにしてください。

 

添い寝で少しはマシに?

これは我が子にはあんまり効果がありませんでした^^;

ベビーベッドでは当然寝ない。

あまりにも寝ないから一緒に添い寝もしてみましたが、興奮冷めやまぬ状態のごとく手足をバタバタ!

そして最後には泣き出す・・・

そしておっしゃる通り潰してしまわないかがすごく心配。

でも病院の助産師さんいわく、お母さんは寝ていても不思議と潰さないんだそうです。

それもあってか産まれてからの入院中、母子同じベッドで寝ていました。

 

携帯アプリで夜泣き解消!?

一ヶ月といえば『お腹がすいた』、『おむつが汚れた』、『どこか体が痒い不快』などで泣くことがほとんどなんですが、うちの子は全て対応しても意味なく泣くことがありました。

でもそんなときは寝かせる事をやめ、開き直って部屋を明るくして体をさすってあげたりかまってあげて、落ち着いてから寝かしにかかるような事をしていました。

それでも何回も泣くときは、自然の音が入っているような大人向けの睡眠アプリで雨の音などを聞かせると私の子供は落ち着く事がありました。

3ヶ月になり手に負えない位泣かれた時も、寝るのをやめてYouTube等子どもが喜びそうな動画を見つけては流して一旦落ち着かせることをしていたら、だいたいは寝てくれました。

背中をさすられたり耳をさわさわしてあげるのもうちの子には効き目がありました。

 

あえて寝かせないのもあり?

あまりにも寝ない時はあきらめて眠くさせるようなことするのも良いかもしれませんね。

暗闇が怖くて覚醒するのであれば、あえて明るくすれば眠くなる?

これだと昼夜を意識させるのとは矛盾になってしまいますが、どうしても眠らせてくれなくてつらい時は良いかもしれません。

あとは子供によって落ち着く音っていうのは必ずなにかしらあると思います。

こういった睡眠アプリを使って色々と音を試すのはたしかにアリですね!

 

まとめ

今回は5人のママ達の意見を紹介しました。

赤ちゃんによって当然対処は異なってきますが、必ずなにかしら自分の子供に合う対処法があるはずです。

私もこれから試してみますが、なにか見つけたら実体験としてまた紹介したいと思います。

まずは今回紹介した対処法、私も全て実践したいと思います!

 

スポンサードリンク