みなさんは高速道路を運転中、覆面パトカーに捕まったことはありますか?

「先日友人から高速で覆面パトカーに捕まった(怒)」という連絡を受けました。

その日完全に意気消沈していた友人。

ゴールドカードが遠のく絶望感と高い違反金。確かに取り締まりにあったその日は終始無気力になり、何もする気が起きなくなるのも分かります(汗)

「違反をしてしまっては取り締まられるのも仕方ない」と言いたいところですが、誰しも落ち込む気持ちは大きいと思います。

よく聞いてみると80km規制の中でのわずかなスピード違反。通常では大丈夫な速度だったようですがもちろん違反は違反です。スピード超過しないよう常に注意しないといけませんが、参考のために、

  • 高速道路で覆面パトカーを見分ける方法
  • 友人が取り締まりにあった体験談
  • 取り締まりに合わない為の対策
今回はこれらについてお話ししていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

覆面パトカーの見分け方は?

ではここから覆面パトカーの見分け方について書いていきます。

まず実際に一人で走行している状態を想像してみてください。「この車覆面かな?」と意識する時はどんな時でしょう。

それは車を追い越す時ではないでしょうか?

ですからまず覆面かを最初に判断する時は、追い越そうとしている車のテール(後ろ側)を見ることになります。

それを踏まえて、まずは車のテールから覆面かどうかを判断する見分け方をお伝えしていきます。

 

覆面パトカーをテールからチェックすべき3つのポイント

私は何度も高速道路で運転している為、覆面パトカーのテールはよく覚えています。

そこでまず特徴的な重要ポイントは、
  1. 車は基本的にセダンタイプ
  2. リアガラスがスモークガラス
  3. ナンバーはその地域のもの
この3つになります。

特に上の二つは遠目で見てもわかる為、この二つが揃っていた段階で少し可能性があるといえます。

 

1.車は基本的にセダンタイプ

私はセダンが多い理由についてはあまり分かっていませんが、逃げる車に追いつくためには軽自動車やワンボックスではスピードを出した時、不安定になりますよね。ですから加速性能が良い車であることが条件になります。

そして後ろに取り締まった人を乗せるために4ドアであること。これだとワゴンタイプなどもありそうですが、私はセダン以外を見たことがありません。

そして車種に関してですが、これをあまり意識しすぎると思わぬ覆面パトカーに止められる恐れがあります。

「クラウンが多いから意識する」というわけではなく、セダン+リアガラススモーク+地域ナンバーという条件が揃った時は全て意識しましょう。

 

2.リアガラスがスモークガラス

スモークはかなり黒めで全く中が見えないようになっています。

理由は電光掲示板が隠れているから。

友人が取り締まられた時は『パトカーにつづけ』という文字を電光掲示板に出してきたそうですし、他の車が取り締まりに合っているのを見た時もそうなっていましたので、ここは間違いなくスモークガラスになっています。

さらにパトカーには色々と装備が付いているため、後ろがスモークでなかった場合、その機器が後ろから見えてしまいます。

こういった理由からリアガラスはスモークになっていると思われます。

 

3.ナンバーはその地域のもの

これは取り締まりに管轄があるため、他県ナンバーの覆面はありえません。

ある程度近寄らないと見えにくい部分ではありますが、これも大きな特徴の一つですので覚えておきましょう。

 

4.車に汚れがなく綺麗

毎日洗っているのか分かりませんが、汚れている覆面パトカーを見たことがありません。

今まで見てきた覆面パトカーは全てといっていいほどピカピカでしたので、汚れ具合でも判断材料になります。

 

少し前まで判断材料にされていたもの

覆面パトカーの見分け方として最近では古い物もいくつかありますので、それらも紹介していきますね。
  • 8ナンバーである
  • サイドミラーが縦に二つ付いている
  • 小さなアンテナが付いている
  • メーカーの車種『CROWN』などの文字が入っていない
などなど細かい部分ですが、こういった見分け方が通用しなくなってきています。

「あの車はアンテナがないから大丈夫」といって追い越したら覆面だった。などということもありますので注意が必要です。

 

後ろから見て違和感を感じたら

上記に記載した条件が当てはまり違和感を感じたら、次は追い越し時の確認です。

横につけて以下の事を確認しましょう。
  • 運転席と助手席に二人乗っている
  • ヘルメットを被っているか
  • 制服を着ていないか
  • 車内にゴチャゴチャした機器はないか
この4点です。

助手席に人が乗っていた場合はその人に見てもらえばいいのですが、運転しながら確認となるとよそ見をするわけですから危険も伴います。

おそらく瞬間的に見れるのはヘルメットと乗っている人数くらいでしょう。

特に車高が低い車に乗っている場合は確定できる制服が見えない場合があります。

よく見えなかった場合は前に入り、バックミラーでよくよく確認してみると良いです。

 

※確認する時にはカーブでは行わず、直線かつ前の車との車間距離が十分取れている状態で行いましょう。

自分が思っている以上に確認に意識が行ってしまい、運転操作を誤る恐れがあります!

 

友人が取り締まりにあった体験談

福島県から新潟県に渡る『磐越自動車道』を走行していたそうです。

高速道路は非常に空いており雨の日ながら陽気に運転していました。

特に急いでもいなかったので、それほどスピードも出していなかったとのこと。

しかしそんな陽気な気分をパトカーのサイレンが一瞬で吹き飛ばしました。

友人がビックリしてバックミラーを覗くと、そこには赤いランプを取り付けた覆面パトカーが!

そして次の瞬間すぐに横付けされ、助手席にいた警察官に『おまえだよ!』的な感じで指を刺され、その後前に入り、電光掲示板で『パトカーにつづけ』なる文字を出してきました。

パトカーに牽引されながら近くのICで降ろされ、出口ETC手前くらいで切符を切られてしまったとのことです。

 

と、友人の体験談はこんな感じです。

ここで友人が取り締まりにあった原因を少し整理すると、
  1. 速度は107km(磐越道は常時80kmで27kmオーバー)
  2. 走っている車があまりにも少なかった為に目立っていた
  3. 車は少ししかいなかったのに、追い越し時のチェックを怠った
この3点になるかと思います。

では、これらの原因について少し考えてみましょう。

 

速度は107km

107kmでアウトだったのはちょっと意外でした。

いくら80km規制とはいえ、こんな速度で!

それにこの速度だと全く速いと感じませんよね。むしろ普通すぎるくらいで友人は特に意識もしてなかったようです。

ですから悪天候時の50km規制や70km規制では要注意!

27kmオーバーで捕まるということは、50km規制なら77kmでもアウトってことですからね。

77kmなんて高速道路ではかなり遅い。しかしそれでもその速度でアウトな可能性があるんです!

速度規制には本当に注意が必要です。

 

周りに車が少ない時は目立つ

これも原因に挙げられるかと思います。

おそらく10台くらいが同時に107kmで走っていたら大丈夫だったかもしれません。

検挙するにはレーダーでの速度測定が必要であり、その時には一定の距離が必要になります。

ですからゴチャゴチャしている場合での検挙は中々難しいでしょう。

 

しかしながら友人の時は道路はスカスカ、パトカーから見て友人ともう1台の車くらいしか周囲にいなかったそうです。

そしたらパトカーの目線はもやは2分の1。嫌でも目に留まります。

なので道路が空いている時も要注意!普段よりも厳しめにチェックされますよ!

 

余談ですが私の他の知り合いで規制なし時に110kmでやられた方がいます。

10kmオーバーでもアウトなこともあるようですので、単独での速度オーバーにはやはり注意が必要です。

 

追い越し時のチェックを怠った

スピードを出している意識がなかった為に周囲の車を全く気にしていなかったとのこと。
普段必要はないことですが、周囲の確認はしたほうが安全のためにも良いかもしれません。

 

スポンサードリンク

取り締まりに合わないための対策

これは簡単なんです。
  • 法定速度を守る
  • 運転中はスマホを操作しない
  • 運転中は電話をしない
これだけです。

 

と、言ったら元も子もないですよね(笑)

もちろんこれらを守ることが一番確実ですが、どうしても急いでいたり、緊急の電話で出たい場合もあります。(スマホ操作は本当に危険ですのでやめるべきです。私は運転中は絶対にしません。)

そういった場合の対策として、
  • 電話をするならハンズフリー
  • 道路がスカスカの時はゆっくりと、周囲に車が多い場合は渋滞を起さないという意味でスピードに乗ること!
  • 上記で紹介した見分け方で覆面パトカーを回避する
以上3つを意識しましょう。

※これはあくまでも違反行為をしない前提の話です!違反を推奨するわけではありませんのでご注意を!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は覆面パトカーの見分け方をメインに紹介してきましたが、ちゃんと走ってさえいれば見分ける必要もないんですよね(笑)

やはり大事なのは法律を守ることです。スピードオーバーにならないよう常日頃から気をつけましょう。

 

覆面パトカーを見分けるには、
  1. 車がセダンか
  2. リアガラスは濃いスモークか
  3. ナンバーは地域のものか
さらに、
  1. 乗員は運転手と助手席の2名か
  2. ヘルメットをしているか、してなければ制服を着ているか
を見てください。

どうしても追い越したい場合は、周囲の安全を十分確認した上で安全に追い越してください。

スポンサードリンク