Pocket


子供が全然勉強しない、やる気がない、すぐに飽きてしまう。

小学生の子供を持つ親なら誰しもが抱える悩みです。

 

親の立場で考えると、実際に働き社会人としての経験から「勉強して良い大学に行かないと良い就職先につけない」、「大人になってから後悔する」などなど子供の将来の選択肢を少しでも多く増やしてあげたいが故、つい口うるさく言ってしまいがちです。

 

しかし小学生の子供にそれは理解できません。

小学生のうちから将来の目標が出来る子は本当に少数でしょうし、働く大変さなんて分かるはずもないです。

 

実際私も小学生の時を振り返ると、勉強が嫌で嫌でしょうがありませんでした。

だって楽しくないですもんね(笑)

「今を楽しみたい」、「友達と多く遊びたい」それが普通の思考であり、とても大事なことでもあります。

 

現実私の周りにも小学生の時から勉強漬けで友達と遊んでおらず、知識だけがありコミュニケーション能力に欠けた人間になってしまい、結局仕事が全く出来ないといった人もいます。

 

ですから小学生の時に遊ぶことは非常に大事!なのですが…

当然勉強も大事です!!(笑)

 

そこで今回は、子供の遊ぶ時間を確保しつつ、さらに勉強のやる気も出させるため、

  • 子供の気持ちを理解する
  • 子供の学習意欲を沸かせる教材『すらら』の紹介
  • 『すらら』の実績
この3つについて紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク


 

子供の気持ちを理解する


まず一番大事なのはこれ。

子供の気持ちを考えず、親の気持ちを一方的に押し付けていては言うことを聞くはずがありません。

一方的に意見を押し付けてくる会社の上司みたいなものです。

 

親は子供の将来を考えて勉強しなさいと言います。

しかし大抵の小学生が見ているものは、『将来』ではなく『今』

『今』が大事なんですね。

 

ですから親の役割としては、『今』を最大限活かしつつ、それを『将来』につなげていくこと。

子供から『今したいこと』を奪うのは決してしてはいけません。

 

『今したいこと』を優先的にさせてあげ、尚且つ勉強の時間も作る。

そういった配慮が必要になります。

やりたいことを奪われたら絶対に勉強なんてしませんもんね。

 

そしてこれからある教材を紹介しますが、この教材はまさにそれを実現できるものです。

塾のように時間の縛りもなく、必要学習時間を3分の1まで減らすことができる教材。

子供にやりたいことをさせながら学ぶのに最適な教材と言えるでしょう。

 

子供の学習意欲を沸かせる教材『すらら』

では教材についてですが、教材名を『すらら』と言います。

『すらら』はタブレット教材の1つで、勉強嫌いな子供だけではなく、不登校の子供や発達障害の子供にも対応している教材です。

 

私が『すらら』をおすすめする理由としては、
  • 学習意欲が沸かない4つの理由を全てカバー
  • 子供が飽きない対話型授業、スモールステップ方式
  • 学年にとらわれない無学年式
  • 自宅学習をサポートする『すららコーチ』(現役塾講師)がいる
  • 親が学習内容を把握できる
この5点です。

 

ではこの5点について、詳しく見ていきましょう。

 

学習意欲が沸かない4つの理由を全てカバー


子供の学習意欲が沸かないのには、大きな理由が4つあります。
  • 分からないところが多くて手が止まる
  • 勉強しても点数が上がらないので諦める
  • せっかくのやる気も無理な計画で自滅する
  • 勉強しても良いことが無いからやる気が出ない
大抵の子供はこの4点のいずれかに当てはまっており、これらを解決させ勉強意欲を沸かせることが大事です。

すららは学習内容だけでなく、子供の現状の状態から解決していくことを目的としています。

 

分からないところが多くて手が止まる

分からないところが多い子供は、その学習に必要な知識から抜けている可能性があります。

足し算が分からない子供が掛け算を勉強しているようなイメージです。

 

ですから『解けない問題をクリアするのに足りていない知識は何か?』これを洗い出し、根本から理解していく。

こういったサポートもしてくれます。

 

勉強しても点数が上がらないので諦める

勉強をしているのに点数が上がらない。これは、『その時理解していても記憶が定着せずに忘れてしまう』ことが原因である可能性があります。

すららでは同じような問題を何度も繰り返してやることで記憶を定着させ、テストでも点数が上がるようになるドリルが用意されています。

 

せっかくのやる気も無理な計画で自滅する

個人によってやれる範囲は異なるもの。

すららでは、できない計画を見直し、その子供にできる計画をサポートしてくれます。

これによって挫折することなく継続していくことが可能です。

 

勉強しても良いことが無いからやる気が出ない

小学生にとって勉強は何の為なのか?それを考える必要があります。

大人であれば、『給料を上げるために資格の勉強をする』、『仕事や趣味に必要だから勉強する』などの目的がありますが、子供にとってそんな大きな目的はないですよね。

勉強しない子供でも、ゲームの攻略などは真剣にやっていませんか?

 

ですからテストで良い点を取ったら『ご褒美をあげる』、『美味しい物を食べさせてあげる』、など身近な目的を与えることが大事です。

すららではご褒美のあげ方などはありませんが、『親がどう褒めるべきか?』、『褒めるポイントはどこか?』などまでサポートしてくれます。

 

子供が飽きない対話型授業、スモールステップ方式

子供はつまらなければすぐに飽きます。

すららではタブレット内でキャラクター達が本人に話しかけることにより、飽きづらい環境を作っています。

 

また、15分のスモールステップ方式により、短時間で区切りをつけることができます。

子供は長時間集中できないもの。1ステップ15分ですので飽きやすい子供でも短期集中できます。

 

学年にとらわれない無学年式

私としてはこれが最も優れている点ではないかと思います。

先ほど書いた『分からないことが多くて手が止まる』というのは多くの子供に見られることで、普通の教材であれば1年生の問題を理解しているか、理解していないかにかかわらず、2年生になったら2年生用の教材が届きますよね。

しかし1年生の問題が理解できていなかったら2年生の問題が出来るはずがありません。

すららの場合、理解できていなかったら学年に関係なく遡って学ぶことができます。

これにより基礎をしっかりと理解し、基盤を固めていけます。

 

そして逆に勉強に意欲がでてきたら、上の学年の勉強を先取りすることもできます。

やる気のある子供にとってもメリットがあります。

 

自宅学習をサポートする『すららコーチ』(現役塾講師)がいる

すららには自宅学習をサポートしてくれるコーチがおり、学習管理画面から勉強時間などを含めた学習状況・理解度を分析し、子どもに最適な学習計画を一週間ごとに立てて無理なく自宅で勉強できるようサポートしてくれます。

親では難しい管理をしっかりとしてくれるのは心強いです。

 

親が学習内容を把握できる

親は子供がちゃんと勉強しているか確認したいもの。

でもしつこく子供に聞いたら嫌がられますよね。

 

すららには保護者用管理ツールというものがあり、
  • 日々の学習時間、クリアした数がわかる
  • リアルタイムに学習履歴が残る
  • 褒めポイントを入手できる(コーチのサポートあり)
このような履歴から褒めポイントまで見ることができます。

 

こういうのが存在することは子供に悟られないように管理しましょう!

子供は賢いので裏をつかれますよ(笑)

 

『すらら』にはこちらから入会できます。

興味を持った方は見てみてください。無料体験もありますよ^^

『すらら』の料金は?

入会金 10,800円
月謝料金 小中コース:8,640円

中高コース:8,640円

小中高コース:10,800円
教材の値段としては、高くもなく安くもない感じです。

 

各コースの内容は?


小中コース:小1~中3までの学習範囲

中高コース:中1~高3までの学習範囲

小中校コース:小1~高3までの学習範囲

利点としては兄弟で教材を共有できる点です。

塾であれば1人に対して料金が発生しますが、教材の場合は共有できるのが強みですね!

 

『すらら』の実績

優れた教材と言いましたが、『すらら』にはどんな実績があるのか?いくつか紹介していこうと思います。
  • 2015年10月:NPO法人アスイクが運営するフリースクール事業において、「すらら」の提供を本格的に開始
  • 2016年12月:7/23発売の週刊東洋経済の特集「すごいベンチャー100」に掲載される
  • 2017年10月:札幌新陽高校と提携 「教育効果の価値観を大きく変える」事業を開始!
  • 2018年1月:利用者が5万人を突破 前年比約135%!
まだまだ若い会社ですが、今まさに伸びてきている会社ですね!

高校と連携、利用者が5万人を突破するなど、実績は確かなものです。

 

まとめ

今回は小学生を対象に、勉強のやる気がない子供向けの教材を紹介しました。

勉強をゲーム感覚で楽しめるのは、子供にとってとても大きいと思います。

勉強のやる気がない子供でも何に対してもやる気がないわけではないと思いますので、興味を持つきっかけを作ってあげればきっとやる気を出すはず。

遊びと勉強を両立できるよう、一度『すらら』を試してみてはどうでしょうか。