バレンタイン

もうすぐバレンタインデーですね。

女性にとっては「職場の男性にチョコを配らなければいけなくて少し大変」、という方もいるでしょう。

今日は職場で配る『義理チョコ』の金額相場を、複数人女性の意見からまとめてみました!

 

スポンサードリンク


 

1000円から2000円までの間×人数

普段お世話になっている男性社員に感謝の気持ちを表すためにチョコを渡したいと思っているので、相手の負担にならない程度の金額で考えています。

自分が若かったらもう少し安価なものでも許されるかもしれないけど、40代ともなるとあまりにも安価なものだとシャレにならないし品がないように思うのである程度の見た目と味にこだわりたいと思っています。

あまりにも高価なものを選ぶと、年齢が年齢だけに勘違いされることは絶対にありえないけど負担になってしまうと思います。

ホワイトデーはなくてもいいと個人的には思っていますが、義理堅い人が多いのでいわゆる「倍返し」される方が多いので金額が高くなりすぎないようにしています。

 

250円×人数

私が働いている職場には男性が5人居て、女性が私以外に7人居ますので全員で12人になります。

男性にも女性にも同じようにバレンタインデーのチョコレートを渡すようにしようと思っているので12人分の義理チョコを用意しようと思っています。

予算はだいたい3000円くらいです。

一人ずつ包装されたものでは無くて、詰め合わせになっているものにするつもりです。

12個以上入っているものにして、「バレンタインのチョコです」と言いながら席を回って箱から一つずつ取り出して渡そうと思います。

 

500円×人数

周りに500円くらいのチョコを渡す人が多いので周りに合わせています。

それ以上高くなるとお金がかかりすぎて配れなくなります。

かといってあまりにも安いとケチったのかと思われて微妙なので、500円くらいがちょうどいいです。

500円のチョコはたくさん売られているので、いくつか種類を買って配れるし、楽しんでもらえそうです。

周りと同じくらいの価格のチョコを配るのが無難なので、周りに合わせて500円と決めています。

 

スポンサードリンク


 

¥200〜¥700×人数

相手の立場にもより金額を変えています。

若い子やよく知らない人にはとりあえずの義理チョコなので安くてそこそこ見栄えのするものでも良いかと思いますが、いつもお世話になってる先輩や、上司、同僚でも特に仲良くしてくれる人やお気に入りにはちょっと高級感のあるものをあげたいです。

しかし何人もいる場合¥500×10人でもう5千円になってしまうので義理チョコに5千円出すのは痛いです。

時間と意力があればばら撒き用を手作りして予算を抑えるのもありですね。

 

1000円~1500円×人数

男性11人女性6人の部署です。

男性陣は平均年齢が高く、貰っても自分で食べる人はあまりいないのですが、「自宅に持ち帰って家族に貰ったチョコレートを見せるだろう」との配慮から、せめて見栄えのする箱入りを渡します。

職場で義理チョコ一つも貰えない男だと思われるのはイヤでしょうしね。

女性一同から全男性に同じものを1つずつなので、女性一人あたりの金額負担は三千円未満。

全く負担ではありません。男性陣もホワイトデーには同じ買い方で倍返しです。

 

まとめ

全体的にみると男性の人数にかかわらず、個人負担は多くても3000円くらいのようです。

女性何人かでまとめて渡したり、男性の人数次第というところもありますが、私としては1人の男性に対して200円~500円くらいで十分かと思います。

また、女性が何人かいる場合はお金をみんなでまとめて買う方法が一番良いかなと思いました。

これを見ていると男性陣の人数が少ないほど質の良いチョコが貰えるみたいですね♪

家族に見せることまで考えての配慮などはありがたい事ですし、倍返しを考慮して負担にならない程度の金額に考えてくれていることもすばらしい事かと思いますが、自分のお財布事情も考え、あまり悩まず自分の負担にならないものを選びましょう。

スポンサードリンク