Pocket

雪車

雪の降らない地方から北陸、富山に来るとまず心配に思うのが『雪』ですよね。

そして都会と違い富山県などではバスの数は少なく、車移動がほとんどです。

そこで悩むのが車選びです。

どれだけ雪が積もるのか?雪が積もったらどれだけ滑るのか?

非常に不安になると思います。

今日は雪道で運転するのに相応しい車の選び方を紹介していきたいと思います。

 

スポンサードリンク


 

雪道に強い車とは?

まず車は大きく3種類に分類されます。

●FF(フロントエンジンフロントドライブ)

前にエンジンがあり、前のタイヤが駆動する車のことを言います。

●FR(フロントエンジンリアドライブ)

前にエンジンがあり、後ろのタイヤが駆動する車のことを言います。

●4WD(四駆・・フォーホイールドライブ)

前後両方のタイヤが駆動する車のことを言います。

 

ここで良く聞くのが「雪道は四駆がいい!」ということです。

確かに一番良いのは四駆です。

では四駆の何がいいのか?

1.4個のタイヤが駆動するため、雪にハマった時に脱出がしやすい。

2.坂道などが凍っていた場合、空回りしにくくスムーズに登れる。

大きな利点はこの二つです。

しかし、これは車を進める力が強いということで、雪道で滑らないわけではありません。

凍った道で急ブレーキをかけたらFFなどと同様に滑ります。

それでも雪道で強いのは四駆であることに間違いはありません。

 

スポンサードリンク

北陸、富山では四駆1択なのか?

ではやはり四駆にすべきなのか?

私はそうは思いません。

実感としては2輪駆動のFFで全く問題ないと思います。

四駆は力がある反面燃費が悪くなりますし、騒音や乗り心地の面でも若干影響がでます。

また、二駆⇔四駆の切り替えが可能な車もありますが、種類は限られています。

車がなんでも良く、「確実な四駆がいい!」という方は四駆をおすすめしますが、「乗りたい車がFFだった・・でもFFではダメなのか・・?」と思われている方は迷わずFFで大丈夫です。

よほど雪がひどい地域や、山でなければまず問題ありません。

スキー場などに行っても不自由したことは今の所ないです。

しかしFRだけはおすすめしません。

走行中、発進時、すべてにおいて滑りまくります。

雪の積もった駐車場から出るだけで、車体が振れ隣の車にぶつかるという可能性も高いです。

かっこいいスポーツカー、ベンツなどの外車はFRが多いですが、これだけはやめることをおすすめします。

どうしてもFRに乗りたい方は、少しでも車後部を重くして走りましょう。

 

車の形状や大きさは?

これも大きく影響してきます。

軽自動車などの軽い車はやはり転倒しやすいです。

また、軽の中でも背が高く、タイヤが小さいものだと特に転倒しやすいです。

しかし軽がダメというわけではなく、道に出来る轍(わだち)や走るスピードに注意すれば問題はありません。

できれば重心が低く、タイヤの安定性が高い車をおすすめします。

 

まとめ

結論としては乗りたい車がFFであれば、FFで問題ないということ。

車にこだわりがなく、駆動力重視であれば四駆が良い、ということです。

最終的に二つの大きな違いは「発進力」だと思います。

凍った道や、雪の積もった場所での発進はやはり四駆が安心です。

走り始めてしまったらFFも四駆もさほど変わりません。

乗りたい車がある方は、『北陸に来たから』という理由で乗りたい車をあきらめないでください!
スポンサードリンク