Pocket

ゴールデンウィーク
待ちに待ったゴールデンウィーク!

家族や恋人と出掛けたい!

けど旅行はお金もかかるし大変・・・

そんな方々に今日は関東圏内で無料、もしくは格安で遊べるスポットを紹介します!

 

スポンサードリンク


 

ひたち海浜公園

普段は有料ですが、みどりの日など年に何度か無料の日があります。

特にゴールデンウィークの時期はネモヒィラが見頃の時期です。

そのため大変混雑しますが、見頃を迎えたネモヒィラはすごくお勧めです!

子供向けのレジャーランドも充実しているので1日家族で遊べるし、お弁当を持って行けば芝生の上でのんびり食べる事も出来ますよ♪

園内はかなり広いので、レンタサイクルで周るのも楽しいです。

海風を感じながらのサイクリングは気持ちいいですよ~!

入園料:410円(大人、15歳以上)、80円(小中学生)

駐車料金:510円(普通車)

TEL:029-265-9001



交通アクセスはこちら↓

ひたち海浜公園アクセス情報

 

ふなばしアンデルセン公園

昨年マスコミにも大々的に取り上げられましたが、子供連れには本当に楽しいです!

アスレチック、たくさんの遊具、巨大滑り台など外で思いっきり体を使って遊びまわれます。

またポニー乗馬やパターゴルフなどもあります。

子供美術館という建物も敷地内にあり、中では機織り、陶芸、木工作、染物などが体験できます。

入場料も大人900円、高校生600円、小中学生200円、4歳以上100円で高くありません。

体験するものによっては費用がかかりますが、一日遊んでトータルでも家族4人で一万円はかからないと思います。

ただ公園周辺の道路は大変渋滞するのでゴールデンウィークに行くなら、早い時間に現地に着くことをお勧めします!

入場料:900円(大人)、600円(高校生 ※学生証提示が必要)、200円(小中学生)、100円(幼児 4歳以上)

駐車料金:500円(普通車)

TEL:047-457-6627



交通アクセスはこちら↓

ふなばしアンデルセン公園アクセス情報

 

横浜市海の公園

横浜市海の公園は人工海浜で約1キロの砂浜が広がり、浜辺でアサリなどの貝類が自然発生しており潮干狩りを楽しむことができます。

また、波打ち際で砂遊びを楽しんだり、カニや小さな魚と触れ合ったりすることができます♪

「海とのふれあいセンター」には無料休憩コーナー、コンビニエンスストアがあり、トイレが完備されているので安心です。

交通の便も良く、新交通システムシーサイドラインで来場できます。

バーベキュー場では海と砂浜、自然を楽しむことができ最高です!

入場料:無料

駐車料金:1時間310円 4時間を超え12時間以内1,550円(普通車)

TEL:045-701-3200



交通アクセスはこちら↓

海の公園アクセス情報

 

スポンサードリンク


 

大洗海岸

大洗海岸では、4月末から5月中旬ちょうどゴールデンウィークに潮干狩りが楽しめます。

千葉、神奈川などの潮干狩りでは有料の場所がほとんどで、採れる貝類はアサリが多いです。

しかし大洗海岸で取れるメインはなんとハマグリ!

運が良いと手のひらサイズのハマグリもゲットできます!

お店で買うと高いですよ~(笑)

ただし、環境保護のため潮干狩り禁止区域ありますので注意が必要です。

駐車場も無料で開放されており、近くには大洗アウトレットもあるので買い物、食事に寄って行くのもいいと思います!

入場料:無料

駐車料金:無料

TEL:029-266-0788



交通アクセスはこちら↓

大洗海岸アクセス情報

 

こんにゃくパーク

ただコンニャク工場が見学できるだけではなく、無料でバイキングや4種類の足湯が楽しめたり無料とは思えない充実っぷりです!

バイキングはコンニャク料理のみなので期待していなかったのですが、こんな物まであるのかとビックリさせられるくらい種類豊富!

ヘルシーなので、食べ過ぎても大丈夫って所も女子にはうれしいです♪

近くには富岡製糸場もあるので、家族で工場見学ツアーをすると一日楽しめると思います。

結構混むので早めにいくのがおススメです。

入場料:無料

駐車料金:無料

TEL:0274-60-4100



交通アクセスはこちら↓

こんにゃくパークアクセス情報

 

まとめ

都心からは少し遠い場所が多いかもしれませんが、せっかくのゴールデンウィーク!

ぜひ家族や恋人と足を運んでみてはどうでしょうか!?

ドライブするにもちょうどいい距離かと思います♪

お金をあまりかけずにたっぷりゴールデンウイークを楽しみましょう♪

スポンサードリンク