新函館駅

北陸新幹線に続き、今年ついに北海道新幹線が開通します!

今年のゴールデンウィークは開通ほやほやの新幹線で旅行に出かけてはいかがでしょうか?

駅周辺の観光スポットも今年は気合が入っていることでしょう。

今回の開通は函館駅までになりますが、せっかくの北海道!

今日は新幹線を利用して遊びにいける函館周辺のスポットを紹介していきたいと思います!

スポンサードリンク


 

薬師山

芝桜

北海道新幹線の北海道最初の停車駅である木古内駅から徒歩20分ほどにある薬師山は、毎年ゴールデンウィークの頃になると芝桜が見事に咲き誇るオススメのビュースポットです。

山頂からは壮大な津軽海峡を一望出来ます!

薬師山周辺は戊辰戦争の際の史跡地など歴史に触れることが出来るスポットもあり、木古内町といえばホタテなどの海産物が有名です。

ホタテ丼などの名物料理を満喫しながら、春の芝桜を見て目で楽しめるスポットが薬師山周辺と言えます!

自然に触れ、心を癒されるひとときを!

 

薬師山へのアクセス



芝桜の開花期間(5月)は、駅から登山口まで案内板があります。

『新幹線木古内駅』から徒歩20分ほどで行けます。

 

函館五稜郭

五稜郭

函館五稜郭!

桜の咲くこの季節、五稜郭タワーからの景色は圧巻でしょう。

また、戊辰戦争最後の箱館戦争にて新撰組副長、土方歳三が最期を迎えたという場所でも有名です。

展望台2階に『五稜郭歴史回廊』もありますので、歴史に興味がある方にとてもおすすめです!

一度歴史を知り、当時の様子を想像しながら公園を歩くのも楽しいと思いますよ♪

 

函館五稜郭へのアクセス



 

・行き方(約50分コース)

新幹線『新函館北斗駅』

↓JR函館本線(はこだてライナー快速) 16分(2駅)

JR函館駅

↓徒歩 3分

函館駅前駅

↓函館市電5系統(各停 湯の川行き) 17分(8駅)

五稜郭公園前

↓徒歩 14分

特別史跡五稜郭跡

 

赤レンガ倉庫群

赤レンガ倉庫

新幹線新駅からJR函館駅までは15~20分程かかりますが、赤レンガ倉庫群がおすすめです。

明治時代は貸倉庫として群を抜いていた存在でしたが、廃れてもなお現在観光地として蘇った場所です。

驚くのは倉庫の大きさ。天井は高く、とても倉庫とは思えないような華やかさがあります。

今では倉庫一つ一つが数々のジャンルの店となり、食事、ショッピング、クルージング、音楽ホールなど、丸1日楽しめる歴史ある観光地です。

 

赤レンガ倉庫群へのアクセス



 

・行き方(約30分コース)

新幹線『新函館北斗駅』

↓JR函館本線(はこだてライナー快速) 16分(2駅)

JR函館駅

↓徒歩 15分

金森赤レンガ倉庫

 

函館朝市

函館朝市2

市場!というイメージで地元の人で賑わうイメージがありますが、ここは観光客にもとても人気です。

それは有名な海鮮丼があるから!

函館朝市

この写真を見るだけでヨダレがでそうです。

ここは美味しい海鮮丼がなんと500円で食べられます!

朝からこんな贅沢をしていいのか・・

函館の朝食は海鮮丼で決まりですね!

 

函館朝市へのアクセス



 

・行き方(約20分コース)

新幹線『新函館北斗駅』

↓JR函館本線(はこだてライナー快速) 16分(2駅)

JR函館駅

↓徒歩 3分

函館朝市

 

湯元漁火館(ゆもといさりびかん)

湯元漁火館

函館での宿に『湯元漁火館』はどうでしょうか?

津軽海峡に面したこの宿は、こじんまりしているものの海を見ながらゆっくりとくつろげます。

湯元漁火館2

一押しなのは食事。

他では食べられないような新鮮な海の幸を楽しむことができます。

温泉もあまり大きくはありませんが、津軽海峡をみながらゆっくり癒されてみてはいかがでしょうか。

 

湯元漁火館へのアクセス



 

・行き方(約1時間コース)

新幹線『新函館北斗駅』

↓JR函館本線(はこだてライナー快速) 16分(2駅)

JR函館駅

↓徒歩 3分

函館駅前駅

↓函館市電5系統(各停 湯の川行き) 30分(16駅)

湯の川駅

↓徒歩 16分

湯元漁火館

 

・行き方(約30分コース)

新幹線『新函館北斗駅』

↓JR函館本線(はこだてライナー快速) 16分(2駅)

JR函館駅

↓タクシー(15分)

湯元漁火館

 

まとめ

函館は有名な土地ではありますが、北海道の観光!となるとやはり札幌、その近くの小樽など、中心地に行く方が多いかと思います。

しかし今回北海道新幹線の開業にあたって、この機会にぜひ函館観光をしてみてはどうでしょうか。

観光地も歴史に深く関係している場所も多く、特に幕末から明治にかけては非常に大きな出来事があった場所です。

今日紹介した場所以外でも、夜にはぜひ函館山に登っていただき、日本三大夜景でもある100万ドルの夜景をご覧ください。

歴史や文化を学べ、おいしい海の幸をいただき、素晴らしい風景を望む。

今年は最新の新幹線でぜひ函館の旅へ!

スポンサードリンク