ハワイで挙式しよう!と決めたけどまずどうしていいのか分からない。。

そういう方も多いと思います。

迷った方はJTBに行きましょう!

そして「ハワイ挙式がしたいです」と一言言うだけでいいです。

するとそこからは全て案内してくれます。

 

スポンサードリンク


 

事前に決めておきたいことは?

JTBに行くといってもある程度大雑把な内容は決めておきたいところです。

決めておきたい内容は、

1.旅行も含めて何日くらいのプランにするのか?

2.どれだけの人数で行くのか?

3.チャペルはどこにするのか?

4.日程は?

5.旅行中のツアーはどうするのか?

6.航空会社は?

以上6点は決めておくと良いですが、チャペルに関しては予約のこともありますし、JTBでもいくつか紹介してくれます。

ここはあくまでも大雑把で大丈夫です。

 

挙式の重点はどこにおく?

まずメインとなるのは挙式なのでそこから決めていきましょう。

最初に考えるのは日程を重視するのかチャペルを重視するのか。

人気のチャペルは先日の日記でも書きましたが半年前でも良い時間帯は埋まっています。

日程を重視される場合はチャペルが希望の所に出来ない場合があります。

チャペルを重視される場合は空いてる日に合わせて行く、という形になります。

私の場合、半年前に予約して時間帯こそ希望時間ではありませんでしたが日にちは希望通りに予約が取れました。

より希望通りにしたい場合は『かなり早い予約が必要になる』ということです。

あと気になる方もいると思いますが、六曜(大安、先勝、仏滅などなど)についてです。

日本とハワイでは19時間の時差があります。

つまり日本では挙式日が大安でもハワイでは1日前のものになります。

どうなるの?って感じですけどはっきり言って気にしなくていいです。

大安付近を狙っていけばどっちにしても仏滅にぶつかる可能性はかなり低いですし、ハワイだとむしろ関係ないのでどこでも良いと思います。

では少しですがチャペルの紹介をしていきたいと思います。

 

コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイ

コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイ1

コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイ2

私が行った時期では一番人気のチャペルです。

純白の室内と華やかな外装はまさに結婚式!という感じですね。

私はここではしませんでしたが予約を確認したところ一番多く埋まっていて日程調整が難しい状態だったのを覚えています。

 

ホヌカイラニ コオリナ・プレイス・オブ・ウェリナ

ホヌカイラニ コオリナ・プレイス・オブ・ウェリナ2

ホヌカイラニ コオリナ・プレイス・オブ・ウェリナ1

ここは私が挙式したチャペルです。

写真ではちょっと分かりづらいかもしれませんが茶色と緑の内装がかなり心を落ち着かせてくれました。

いくら家族しかいないといってもやはり結婚式、多少の緊張はでますよね(汗)

私の場合内装が真っ白だと落ち着かない感じがしたのでここを選びましたが本当に良かったと思っています。

多少値段は高かったですが・・

ホヌカイラニ コオリナ・プレイス・オブ・ウェリナ3

上のパイナップルは私たちのウェディングケーキです。

葉っぱだけ本物であとは上手に作ってあるケーキになっています。

ここのチャペルだとこういうケーキも注文できます。

せっかくなので変わった形のケーキにしてみました。

 

セント・カタリナ・シーサイドチャペル

セント・カタリナ・シーサイドチャペル2

セント・カタリナ・シーサイドチャペル1

白と青の美しいチャペル。

最初に紹介した二つのチャペルより大幅に金額を抑えられ(10万くらい変わると思います)、なおかつ人気の高い場所です。

移動時間もワイキキから30分ほどで済みます。

上の二つは50分ほどかかりますね。

金額を抑えつつ満足のいく挙式ができる場所だと思います。

3か所に共通するところは海が見え、ビーチ撮影が可能(ちょっと長すぎるくらいかもしれません笑)あとはリムジンによる移動ができるということ。

せっかくなので乗ってみたいですよね!

他にもまだまだありますが、ここでは人気の3か所を紹介しました!

ホテルにくっついているチャペルもありますし、大聖堂で出来るプランもあります。

また、ウェディング会社は選んだチャペルによって変わってきますのでウェディング会社が遠いようだと打ち合わせをするのが少し大変になります。

 

スポンサードリンク

挙式の流れ

チャペルが決まったらウェディング会社と挙式の打ち合わせをします。

これがまたかなりの時間がかかります。土日が結構つぶれますよ・・

ここでは簡単に私の場合の流れを書きます。

 

1.花嫁の事前ヘアメイク。(挙式前日)

これは当日ヘアメイク担当さんにやってもらったら気に入らなかった・・というのを防ぐために挙式前日に実際ヘアメイクしてもらい、色々好きなように注文できるというオプションです。

これは必須かと私は思います。

これだけで結構時間を取られかなり待つことになりました。。(その間スマホの海外設定などしてましたが。)

しかし当日満足いかないということは避けたいのでお勧めします。

 

2.ホテルでのヘアメイク、写真撮影(挙式当日)

これは男性もしてもらえます。

自分でする人も多いと思いますが、私は自信がないのでプロにしてもらいました。

やはり自分で行うより素晴らしい出来でしたよ(笑)

 

3.リムジンによるチャペルへの移動

 

4.神父との打ち合わせ

丁寧に教えてくれます。

実際挙式中でも色々言ってくれるので安心です。(しかし私は一か所間違え、繰りかえすという恥ずかしいことに・・嫁はそれにより緊張がほぐれて良かったと言ってくれましたが・・・)

 

5.入場

 

6.挙式

一般的な日本と同じような感じです。

 

7.退場

 

8.ビーチ撮影

かなりの枚数撮ります。すさまじく暑いです。

 

9.食事会場へ入場

 

10.新郎父による挨拶、乾杯

 

11.ケーキ入刀

 

12.食事

 

13.新婦から両親への手紙

 

14.新郎新婦から両親、兄弟へのプレゼント

 

15.新郎挨拶

 

16.退場

 

17.ホテルへ移動

 

こんな流れにしました。

基本の流れは決まってますが、もう少し項目を増やしたり減らしたりすることもできます。

そしてホテルに着いた瞬間から楽しい旅行の始まりです!

JTBでは日本人旅行者向けに『OLIOLIバス』というのを運行してくれていますのでこれに乗れば日本人だけが乗る日本語案内の素晴らしいバスに乗れます。

メジャーな施設ならどこでも行けます。

ツアーに参加しなくても好きな所に自分で行けるというのはとても良いことですね♪

次はハワイのお勧め観光箇所など紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク