Pocket

男と影

クラスメイトや同じ部活仲間と一緒にいると疲れる。

どうも馬があわなくて気を使ってしまう。

そんな経験はだれしもあると思います。

今日はそういった状況のストレスを限りなく減らしていくやり方を紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク


 

参考になる友達を観察する

人が集まる場所でストレスを抱えやすい人に多いタイプは、

・人見知り

・他人にどう思われてるか気になる

・ネガティブ

な人です。

それに対しストレスをあまり感じない人に多いタイプは、

・他人にどう思われてるか気にしない

・自己中心的

・ポジティブ

な人です。

人見知りやネガティブなことが悪いことではありません。

しかしストレスを感じない人というのは『自由』な人です。

自己中心的といいますか、自分の好きに動く人ですね。

そんな奴嫌われるんじゃないの?って思われるかもしれません。

そこで、まずは周りで自由に動いていて、それでもなお友達に好かれている人をよく観察してみましょう。

自己中だけな人は当然嫌われます。

しかし好かれている人っていうのは、自分が思うようにうまく相手を動かしているんですね。

そしてその相手への配慮を忘れない。

リーダーとして優れている人がこのタイプです。

まずはこうなりたい!という相手をよく観察しましょう。

 

他人にどう思われているか気にしない

他人に対して助けてあげたり優しくしたりするとき、あなたはどういう感情でそれを行っていますか?

1.ここで助けないと周りに嫌な奴だと思われるから

2.かわいそうで助けてあげたいから

1の感情で行っていた場合は絶対ストレスを感じてますよね?

やりたくないけど周りの目を気にして助ける。

こういった感情で動いているならやらないほうが良いです。

そして周りにどう思われるかということを気にしないことです。

ここではストレスを溜めないという点でのやり方ですので、他人に好かれたいという感情は捨ててください。

 

対して2の感情で動いている場合は自分の感情の下で実行しています。

自分がやりたいように動いているからストレスはないわけです。

 

スポンサードリンク


 

自分は嫌われたくない!と思わない

これは非常に多い感情だと思います。

勿論誰だってどの友達ともうまくやっていきたいでしょう。

しかし馬が合わない人というのは確実に存在します。

(いつも絡んできてうざいけど、なんだかんだそういう人ともうまくやっていきたい。)

(嫌われたくはない。)(付き合ってあげてるんだ。)(もめごとは避けたい)

そういう感情があるなら付き合うのはやめましょう。

合わない人間には嫌われてもいいんです。自分も嫌いなのですから。

変に利口ぶる人はこういうことを考えます。

全然賢明な判断ではありません。

気の合う人とだけ付き合っていけばよいのです。

学校は会社ではありません。

友人は人生でも長く付き合っていきたいものです。それを見つけるための学校です。

なのに苦手な友達とばかり絡んでいたら?

社会に出てからでも会いたい学生時代の友人・・・俺いないじゃん。

こうなります。

 

でもそいつがいないと絡む友達が他にいない・・・孤立してしまう・・・

そういう人はまず他の友達とも積極的に話しに行きましょう。

学校生活なんて本当に一瞬です。

止まっていたらすぐに終わってしまう。

なので他に気の合う友人を見つけるまでとにかく動く!

見つけたら周りを気にせずその人と多く付き合うようにして、無理に付き合っていた友達とは徐々に距離を置いていくのです。

 

上手な自己中になる。50:50の関係を築く

winwin

これはどういうことかというと、最初に書いた『自由な人間なのに周りに人が多い人を観察する』ということを実践するということです。

「色々あいつはわがままだ。だけどなんか憎めない。一緒にいると楽しい。」

こういう人間を目指すのがストレスフリーへの道だと思います。

そして好かれている人は上手に人間関係のバランスをとっています。

それは自分がわがままを言った分、相手のわがままを聞く。50:50の関係を築くことです。

自分のわがままに付き合ってくれる友達のわがままを聞くのは決してストレスがかかることではありません。

だって気が合ってその人が人間的に『好き』なわけですから。

そういう友達なら困っている時素直に『助けたい!』と思えるからです。

 

まとめ

結論としては、本当に『友達』と呼べる友達をつくることがストレスを無くすことに繋がると私は考えています。

「腐れ縁だから。」

「仕方ないから。」

やめましょう!

「急に積極的なったら、こいつどうした!?って思われるのが怖い」

やめましょう!

そんな風に思われるのは本当に1日、2日です。

むしろあいつ変わった!生き生きしてる!と好感度アップです。

周囲にどう思われているか考えちゃダメです!

これを考えていいのは『自己中すぎて嫌われ、人が周りから離れていっている人間』だけです。

自分を押し出し、本当の自分を好きなってくれる、好きになれる友人を探しましょう!

目指せ『1UP』!(住友風

スポンサードリンク