Pocket

こたつ犬

寒い冬、家での寒さ対策はどうしていますか?

私はエアコン、そして大好きなこたつです!

そしてあまりに冷える夜は布団に湯たんぽを仕込む時も・・

しかし、そんなに便利な暖房器具が実は『低温やけど』という凶器を持っているとのことで、防止策や、なってしまった時の治療法などを紹介していきたいと思います。

 

低温やけどとは?

心地よく感じる程度の温度でも、皮膚の同じ部分が長時間接触することで発生するやけどです。

高熱ではすぐに熱さを感じるため反射的に離れますが、心地が良いので気付かないうちにやけどしてしまうというとても危険なやけどです。

しかも皮膚の深い部分までダメージを受けてしまい、ひどくなると皮膚が懐死(えし)してしまうようです。

 

こたつで気持ちよくなり、すぐ寝てしまう人はとても注意が必要です!(私です・・

 

低温やけどになるまでの温度や時間は?

44℃で3時間~4時間

46℃で30分~1時間

50℃で2分から3分

ほんの数度でこれだけ変わってしまうのは驚きですね・・

 

低温やけどの症状とは?

低温やけどと言っても段階があります。

大きく3段階に分けてみましょう。

1.(軽度)

皮膚が赤みがかり、少し痛む程度のやけどです。

1週間程度で回復するレベルのものです。

2.(中度)

水ぶくれが出来、かなりの痛みを伴います。

破けると細菌が入り込む可能性があるため、病院などでの治療をお勧めします。

3.(重度)

神経までもがやられ皮膚が黒や白に変色したりと、皮膚が懐死(えし)してしまう状態です。

痛みを感じなくなってしまう為、気付いた時には皮膚が死んでいた!なんてことにもなりかねません。

少しでも心配になったらすぐ医者に行きましょう!

 

スポンサードリンク

低温やけどを防ぐために

1.こたつ

こたつには温度調節機能がありますが、温度では表示されていません。

数度の違いで低温やけどの時間が大幅に変わるため、基本的には『低』や『1』や『弱』など、明らかに低いところで使用するのが良いです。

そして眠くなったら切りましょう!(←ここ大事)

2.湯たんぽ

使用するときは必ず『厚手のタオル』や『布』で包みましょう!

そして布団の中や足が暖かくなったら、外に出して就寝するとなお良いです。

 

低温やけどになってしまったら

軽度のやけどであれば水で流し、『ワセリン』などの軟膏を厚めに塗りガーゼで覆うと良いです。

また、私もやってしまいそうな『とりあえずオロナイン塗っとけ』はやけどには逆効果だそうです。

オロナインには消毒効果があり、やけどには良くないみたいですね。

そして水ぶくれレベルになったら必ず病院に行きましょう。

皮膚が変色していて痛みを感じなければ重度のやけどを疑ってください。これが一番怖いです。

もしかしたらあの時?など思い返してみましょう。

 

まとめ

今回はこたつ、湯たんぽの例を出しましたが、他にもホッカイロ、ホットカーペット、電気毛布など沢山あります。

実は赤ちゃんなどをホットカーペットに寝せたりするのも危ないようです。

熱を発生させている物には全て低温やけどの危険がありますので、十分注意するようにしましょう。

スポンサードリンク