Pocket

大学生

大学入学とは親にとっては最大の難関。

子供にお金がかかる最大の山場とも言えるでしょう。

しかし大学に合格することは、親子共に嬉しいものです。

 

ところで皆さんは大学4年間でかかる総費用を知っていますか?

実際に入学する学生さんはあまり知らないかもしれませんね。

まずは大雑把ですが、4年間でかかる学費を書いていきたいと思います。

 

大学4年間でかかる総額を知ろう

国公立大学と私立大学の4年間の平均的な学費を見てみましょう。

・国公立大学   ・・・ 約250万円

・私立 文系   ・・・ 約390万円

・私立 理系   ・・・ 約520万円

・私立 医歯学系 ・・・ 約2300万円(6年間)

まず国立大学ですが、これは学部による差はほとんどありません。

しかし私立大学を見てみると金額が倍増します。

理系の500万でもかなりの物ですが、医学部や歯学部の費用はもはや家すら買えるレベルです。

この莫大な学費を理解した上で、一人暮らしにかかる生活費を見てみましょう。

これから5人の経験者談を紹介します。

みなさんどれだけかかっているのでしょうか。

 

福岡県で一人暮らし、学生寮の寮費が4万(食費込み)生活費が3万(Mさん経験談)

寮費4万には食費が含まれており、平日の朝、夜の食事代は寮費に含まれていました。

日曜、祭日は夕食がなかった為、自分で調達しなくてはいけませんでした。

生活費には親から月二回半分ずつ位で3万の仕送り。

これには交通費は含まれず地下鉄で学校に通っていましたが、定期券代などは別にもらっていました。

生活していくにはギリギリとまでは行かなかったのですが、遊んだりする分にはちょっと足りない位で、もっと欲しければ自分でバイトすれば?と言われていました。

 

寮を利用して経費削減!

Mさんのように寮を利用することは、生活費を最大限に減らすことができます。

寮費4万+生活費3万+定期代(多くても2万?)=9万円

これから出てくる他の方と比べて格段に少ないです。

朝、夕の食事つきという部分も大きいですね。

 

12万5千円仕送り(Nさん経験談)

家賃(63000円)光熱費携帯代インターネット通信費新聞代コンタクト代医療費食費日用雑貨すべて込みなので、足りないようです。

12万5千円というと多いように感じますが、必要経費を差し引くと食費、日用雑貨代などの実質的な生活費は4万円もないようです。

1,2年はアルバイトでお小遣いを作っていたようですが、最近アルバイトを辞めたため、日用品食品などは送ったりしています。

お年玉などで、お小遣いはまかなっているようです。

 

12万5千円でも足りない!?

Nさんは現在進行形で仕送りをしているようです。

まず家賃で63000円。

都会の大学であれば、おそらく当たり前の家賃でしょう。

実質的な生活費が4万くらいということで、必ずかかる費用だけでも9万円ほどかかっていることになります。

これは社会人一人暮らしにかかる経費と同じです。

都会の大学に進学するということはこれだけ生活費がかかるということです。

スポンサードリンク


 

仕送りしてもらった金額15万、かかった生活費20万円(Sさん経験談)

大学が東京だったので家賃が高く、約8万でした。

仕送りの残りは7万で、毎月だいたい食費が4万、光熱費が1万5千くらいでした。

残りの1万5千円が雑費という感じで、交際費や服飾費等の遊ぶお金はアルバイトで賄いました。

アルバイトはだいたい毎月4万から5万で、全て合わせると20万近くはかかっていたかと思います。

携帯電話やインターネット等の通信費は親負担だったので仕送りには含まれていませんでしたが、それらも合わせると21万くらいになっていたと思います。

 

東京の大学であれば15万の仕送りが必要!?

Sさんは実際に仕送りをしてもらっていたようですが、東京の家賃はやはり恐ろしい。

少しランクを落とせばもっと安いアパートもあるでしょうが、交通費をアルバイトで賄っていた点を考えると、大学へは徒歩圏内だったのかな?と予想できます。

おそらく大学の近くに安いアパートがなかったのでしょう。

家賃をケチって少し遠くに住んだとしても、その分交通費が上がります。

時間的な問題を考えると、むしろマイナスかもしれません。

この金額を見ると東京の大学を考えている方はそれなりの覚悟が必要になりそうです。

 

家賃含め17万円(Xさん経験談)


■収入

・仕送り7万円(家賃6.5万円別途)

・バイト代3〜4万円


■支出・食費3万円

・水道光熱費 1.5万円

・通信費 1万円

・部費、合宿遠征練習場代、消耗品3万円

・日用品、化粧品代 1万円

・服代、交際費 1万円

平均的な収支はざっとこんな感じです。

部活でかかる費用があったので、夏休みや春休み、授業のない時にバイトをたくさん入れて、合宿代を稼いでました。

3年間4年生になると部の後輩に奢らないといけなかったので、もっと余計に交際費がかかりました。

いわゆるお金持ちの集まる大学にいたはずですが、私の周りはみんな金欠でした。

 

部活やサークルに入ることで支出も上がる!

バスケ

Xさんの場合は部活での遠征があったようなので、支出も多かったようですね。

仕送りとしては13万~14万。

かなり細かく費用を出してくれているので参考になります。

費用とは関係ありませんが、大学に行った以上、部活やサークルを精力的に行うことは非常に良い事だと思います。

大学での友達作りに悩んでいる人も多くいる中、これほど友達を作るのに良い環境はありません。

友達が多いほど留年確率は減りますし、一生の友人もできるかもしれません。

ここはケチらずに積極的に部活やサークルには参加しましょう。

 

14万円((株)Sさん経験談)


家賃50,000円

食費40,000円

光熱費10,000円

携帯代10,000円

交遊費20,000円

その他学校で掛かる費用(サークル代や書籍代など)10,000円

家賃に関しては地域によりばらつきがあります。

ご本人がアルバイトをしたとしても学業に支障の範囲でしたら10万円行くか行かないかだと思います。

少なくても月に10万円の仕送りは必要だと思います。

アルバイトなどをさせ無いのであれば当然すべて必要でしょうし、何かあった場合も含めて15万円以上は必要になるかと思います。

 

平均的な費用で15万円くらい?

(株)Sさんからの意見ですが、経験談ではなく一般的にかかる費用を算出してくれています。

これまでの経験談を見てみると、平均して確かに15万円ほどになっています。

地方の大学なら家賃は3万円台で抑えることもできます。

仕送りが10万円というのも非常に現実的で、子供にアルバイトをさせる前提での仕送りも良いと思います。

 

まとめ

いかがでしょうか?

大学生の一人暮らしの生活がいかに大変か分かります。

仕送りは基本的に10万円を超えた経験談が多いですが、仕送り額が親の毎月の収入から支払われているケースはごく稀です。

ほとんどの親御さんは、子供が生まれた時からの貯金を崩しながら仕送りしています。

私自身、大学生の当時はあまり考えませんでしたが、今では親の大変さが良く分かります。

学生さんなら仕送りしてもらっているありがたさが。

親御さんならこれだけの費用が毎月かかるという大変さが分かるかと思います。

一人暮らしをするのであれば、できるだけ国公立に行ってほしいですね(笑)

スポンサードリンク