孤独

せっかく大学に入学したものの、友達がいなくて寂しい、つまらない、そんな方もいると思います。

大学生活とは人生において大きく変化するもの。

大学生になってから出来るようになることは沢山あり、過ごし方によっては人生で一番楽しい時間になるかもしれません。

そんな素晴らしいはずの大学生活で友達がいないと、つまらないだけではなく大きな損をしてしまう可能性があります!

今回はその理由と、友達を作るためのきっかけを紹介していきます。

スポンサードリンク


 

理由1.ぼっちの大学生活は本当につまらなく、もったいない

これは誰しもが思うことだと思います。

普通の状態であれば、大学生とは人生の中で最も休日が多いです。

さらに車の免許も取得できるようになり、高校生とは比べものにならないほど行ける場所が増えます。

アルバイトにかけれる時間なども増え、金銭面でも大きく変わってくるでしょう。

友達や恋人と遊ぶ時間も多くとれるし、楽しい思い出を作るには最高の4年間です。

これだけでも大学生活で友達を作ることがいかに重要かが分かります。

 

理由2.学業面でも非常に損をする

友達がいないと学業面でも苦労します。

それは情報共有ができないから。

テスト1つにしても、得られる情報は全て自分から。

友達がいればテストの範囲に関する情報や、噂話、そして友達が先輩などから聞いた先生独特の出題のクセなど、有益な情報を沢山得ることができます。

たとえ風邪をひいて授業を一回欠席したりしても、出席した友達からノートを見せてもらい補うこともできます。

現に私が大学生だったとき、友達がいないクラスメイトが留年をしたケースがありました。

大学だけでなく、社会では情報がとても大切です。

友達がいないとこの大事な情報が得られず、取り残されてしまうかもしれません。

 

理由3.就職時でも不利になる

大学生になると、卒業したら就職する人がほとんどだと思います。

友達がいないと就職の面接でも不利になる可能性があります。

その理由として、面接の際に企業がコミュニケーション能力を重視するからです。

とある雑誌にこんな記事がありました。

企業の社長インタビューで

『一番使えるのは東大生。しかし一番使えないのも東大生』

この一番の理由がコミュニケーション力の欠如です。

たまに見るテレビ番組でも知識量だけが圧倒的で、会話が全く成り立っていない東大生をよく見かけます。

 

ですから企業は面接の際に、学生時代にどんなことをしてきたか?どんなことにチャレンジをしてきたか?というのを非常に重要視します。

ここで友達がいなかったということを悟られてしまうと、「会社でも同僚とうまくやっていけないだろう・・・」と判断されてしまい、不採用となってしまいます。

そして人と接する機会も他の人と比べて格段に少なくなるので、面接時の会話が不自然になりがちです。

面接のプロなら一瞬で見抜かれてしまうでしょう。

 

以上3つが友達がいないと辛い理由です。
スポンサードリンク


 

友達を作るなんて自分には無理だ・・と思っている方へ

「じゃあどうすればいいの?人と話すのは苦手だし、騒いだりするのも苦手なんだけど・・・」

という方も多いと思います。

これは克服しなければなりません。

克服する努力と覚悟です。

苦手だから無理と諦めている人はそこで終わりです。

 

youtubeにホリエモンのトークがあります。



この動画では「やりたいことがない」という人に対してホリエモンが言っているものですが、これは「やりたいことがないのではなく、あまりにも遠い望みとして諦め、なかったことにしている」と答えていました。

これは過去の自分にも当てはまることだと、強く共感できたことでした。

友達作りとは関係ないように思えますが、動画を見れば『友達作りが苦手だからできないということは絶対になく、努力が足りないだけ』、『変わろうとする強い想いが足りないだけ』と思えます。

そして『友達作り』とは遠い夢などではないはずです。

必ずできます。

『努力』の一言につきるでしょう。

 

ではどうやって友達を作るか?

努力する覚悟を決めたら次は行動です。

出来そうな場所にはどんどん飛び込んでいきましょう!

友達だけではなく、先ほども書いたように先輩も多くの情報を持っています。

そしてコミュニケーションが苦手という方は、対等な立場より目上の人との付き合いの方が楽な場合があります。

ですから大学の部活やサークルには必ず参加しましょう!

「興味があるものがない・・」という方もいると思いますが、ここが友達作りに最も近い場所です。

何か見つけましょう!

 

そしてアルバイトも効果的です。

大学の近くであれば同じ大学の学生も多く働いていると思いますので、お金も稼げて一石二鳥です。

バイトもサークルも部活も、仲間と一緒に何かを成し遂げるという面では同じです。

こういったことを体験することによって仲間意識が芽生え、友達が自然にできるようになってくるでしょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

友達がいないというだけでこれだけ損をする可能性があります。

なので友達がいなくて不安な方は絶対に行動するべきです。

動かなければ何も始まりません。

大学生活は本当に楽しいものですので、今悩んでいる方は勇気を出して行動しましょう!

スポンサードリンク