自転車鍵

かなり頻繁に起こるといわれる自転車盗難。

私も高校生の時に2回ほど盗まれたことがあります。

1回目はゲオにCDを返した際にほんの1分、鍵をかけてなかったところを狙われました。

2回目は後輪に輪っか状の鍵をかけていたのですが、盗まれました。

いずれも見つかったのですが、すでにボロボロ。

鍵をかけていたほうも鍵がなくなっていました。

つまり簡単な鍵では意味がないということです。

今日はより効果的な鍵のかけ方と、泥棒の種類による心理を書いていきたいと思います。

スポンサードリンク


 

自転車泥棒の種類とは?

普段あなたはどんな自転車に乗っていますか?

学生なら通学用のママチャリ、子供とか趣味ならマウンテンバイク、大人の趣味ならロードバイクでしょうか?

なぜこんなことを聞くかというと、乗っている自転車によって防犯対策が変わってくるからです。

でもこれ、種類というよりは自転車の金額によって変わるのです。

 

自転車泥棒には2パターンの種類がある

自転車泥棒には2種類あります。

 

軽い気持ちで乗っていく学生や老人

学生が一番被害にあうのがこのタイプです。

「ちょっと歩くのがめんどいから持っていこう」くらいの軽い気持ちで乗っていきます。

そして使い終わったらその辺に乗り捨てていきます。

このタイプはママチャリやマウンテンバイクを持っていくケースが多いです。

そこそこ鍵をかけていればまず持っていかれないでしょう。

 

転売目的のプロ

こちらは高価なロードバイクなどを狙うものです。

厳重に鍵をかけていてもワイヤーカッターなどを使用し、簡単に取り外してトラックなどで持っていかれてしまいます。

白昼でも堂々と業者の恰好をして持っていったりとタチが悪いです。

プロに対してはかなり厳重な対策が必要です。

 

泥棒の心理とは?

軽い気持ちでもっていくタイプはその場その場の気分で持っていきます。

ですから盗みやすそうな自転車をもっていきます。

リスクが低そうな、使い込んであるママチャリなどは要注意です。

持ち主も自転車が古いとうっかり鍵をかけていかないことも多いので狙われやすいです。

衝動的に持っていく場合が多いため、盗むための工具などは持っていないことが多いです。

二つ以上鍵をかけていればまず盗まれることはないでしょう。

 

しかしプロは違います。

高価なバイクなどは誰でも厳重に鍵をかけるはずですが、それでも持っていかれるのです。

先ほども書きましたが業者の恰好をして堂々とトラックに積み込まれたら、怪しく思う人が少ないのです。

仕事としてこなしているため、盗む場所やタイミングも知り尽くしているでしょう。

マンションの駐輪場などは危険で、下見をして準備をしてから持ち運ばれるケースもあります。

 

スポンサードリンク

効果的な防犯対策とは?

はっきり言ってプロ以外への対策は楽です。

ママチャリであればU字ロック、ワイヤータイプの鍵を2種類ほどつけていればまず持っていかれません。

強いて言うならポールなどに巻き付け、鍵ごと持っていかれないように対策しましょう!

サドルだけ盗まれることもありますので、サドルにもしっかり巻きましょう!

防犯ブザーなどもおすすめです。

そして目立つ所に置いておくのが望ましいです。

あとはどんなに短い間でも鍵をかけることをめんどくさがらないことです!

私のように1分で盗まれますよ(笑)

 

おすすめはこれ↓

外そうとして強い振動があると音が鳴るタイプです。

 
 

問題なのはプロです。

こちらは鍵が通じないのが厄介。

しかし対応する術はあります。

1.車にすぐ運べそうな場所に停めない。

2.監視カメラが設置されている場所に置く。

3.自転車カバーをつけて、中身が分からないようにする。

4.防犯ブザーを付ける。

5.家は戸建てなら当然家の中へ、マンションでも出来るだけ中へ入れる。

6.意味もなくブザーっぽい真っ赤なランプを付けておく。(威嚇用)

7.毎日同じ場所に停めない

 

10万円以上するような自転車には鍵をかけるだけでなく、このくらいの対策は必要です。

防犯ブザーに関しては『joybien GardSave』がおすすめです。

防犯ブザー

こちらは現在楽天やアマゾンで在庫切れになっており、他で探す必要があります。

本体とリモコンに分かれており、本体動かされたり電源が切られると本体、リモコン共にブザーが鳴ります。

リモコン有効距離は30mほどのため遠くへは行けませんが、ちょっとした買い物で離れる際に役に立ちます。

リモコンとセットになっている防犯ブザーがあまりないため、こちらをおすすめしています。

 

防犯登録はしたほうが良いと言われますが、私は意味がないように感じます。

まずプロに盗まれたら戻ってくる確率はかなり低いです。

それに防犯登録のステッカーなどをロードバイクに貼っているとかっこ悪い・・・

食事などをする際にも自分の席から見える場所に停めたりと、目を離さないようにするほうが確実です。

警察は自転車泥棒探しなどほぼしてくれないようですので・・・

 

まとめ

盗まれた自転車の約半数が鍵を付けていた状態で盗まれています。

ママチャリなどは鍵だけでも十分対策できますが、高価な自転車だけは鍵だけではなく上記のような対策を必ずしてください!

窃盗団から自転車を守れるのはあなただけです!

スポンサードリンク