敬老の日3

敬老の日に施設や自治会などで挨拶をしなければならない場合ってありますよね。

こういう場で挨拶するのが大人の場合だと、中々内容に迷うかもしれません。

子供であれば思ったことを普通に言っただけでかわいいものですが、大人だと目上の相手ということもあり厳しめに見る人もいるでしょう。

そこで施設や自治会での挨拶の例文をいくつか紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク


 

町内会での挨拶例文1

敬老の日を祝うと言うと、なんだか違和感を感じずにいられません。

だってみなさん、いつもイキイキと私たちの先頭に立って町内会の事を導いて下さっているからです。

子供達の朝の登校の補助、町内会のお祭り、公園の清掃など、私たちの世代が本来はやらねばならない事を皆さまにやって頂いております。

敬老の日を祝っておきながら、このような事を申し上げるのはおこがましいのですが、いつまでも元気で私たちを引っ張って行って下さい!

よろしくお願い致します。

 

町内会での挨拶例文2

皆さま、いつもお元気で子どもたちや私たちを見守ってくださり、ありがとうございます。

以前、きんさんぎんさんが双子で100歳を迎えられましたが、その時のお二人はとてもお元気そうで何より楽しそうにされていました。

私たちがそんなお二人を見て、とても微笑ましく勇気づけられたことは記憶に新しいことです。

私たちは皆さまにもそんな風に長生きしてほしいのです。

ぜひ皆さまにもお元気な姿をみんなに見せて、微笑ましく暖かい気持ちと勇気を与えて下さったらと思っております。

これからもお元気で長生きをして下さい。

そして私たち、下の世代にもっともっと色々なことを教えてください。

これからもよろしくお願いいたします。

 

スポンサードリンク


 

町内会での挨拶例文3

今日は敬老の日です。

町内にいるおじいさん、おばあさんに人生の先輩として、また町の住人の先輩として、いろいろなことでお世話になっています。

今日はそんな皆様方に感謝の気持ちを伝える日です。

私たちはゴミ拾いや落ち葉掃除などの町の清掃活動や、地域参加型行事など色々な場面で教えをいただき、手助けをしていただきました。

私たちは皆様方にまだまだお世話になりますが、今日は感謝の気持ちを込めて様々な料理や参加型イベントを用意しましたのでぜひ楽しんでください。

この言葉を代えさせて、感謝の気持ちとさせていただきます。

 

町内会での挨拶例文4

敬老の日にあたり、人生の大先輩の皆様に一言、お祝い申し上げます。

敬老の日は終戦から数年後に、兵庫県のある地域から始まり、のちに「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う。」日と定められたそうです。

幸いなことに、この町内にも私たち後進をいつも温かくい目で見守ってくださり、導いてくださる先輩方が大勢いらっしゃいます。

これまでには、NHKの朝の連続テレビ小説でとりあげられているような戦争の混乱期、そして今の日本を築いた高度経済成長、昭和の東京オリンピックなど、晴れ渡る輝かしい日もご苦労に耐えた嵐の日も乗り越えられて、今日のこの日があるのだと思います。

この町内には、代々この街にお住いの方も、別な街から越してこられた方も、ご縁があって今ではこうして仲良く暮らすことができております。

これもひとえに、常に心配りをしてくださる諸先輩方のお陰でございます。

今日の良き日を寿(ことほ)ぎて、皆様のますますのご健康とご長寿をお祈りして、挨拶とさせていただきたいと思います。

本日は、本当におめでとうございます。

 

まとめ

今回は4つの例文を紹介しました。

町内会長だったり施設で働いている方ですと、イベントの内容やプレゼント、挨拶文など忙しい中沢山準備しなければなりません。

ですから今回の例文が少しでも参考になれば嬉しいです^^

また、町内の敬老の日のプレゼントなども紹介しています。

よければご覧ください。



 

スポンサードリンク